いつも1人で頑張ってしまう。相談したほうがいいと頭では分かっているのに、心に謎のブレーキがかかって相談できない。そんなことはありませんか?私もそんな強がりの1人でした。ここでは特に仕事でのシーンをイメージしながら、強がりで人に相談できない女性の心理と変わる方法をお伝えします。

なぜ人に相談ができないのか?

男性と肩を並べてバリバリ仕事してきたタイプの私たちが、人に相談できないその心は、世間でよく言われる「どうせ分かってもらえないから…」などとは訳が違います。まずは冷静に理由を分析してみましょう。

そもそも悩んでると認識してない

側からみたら悩みに値するような状況も、等の本人はそんな風には思っていません。悩んでるのではなく「考えている」と思っています。目の前の問題は必ず解決できるものだと信じているので、何とかしようと考えている最中。そのような認識なので、自分が悩んでるなんて夢にも思っていないのです。

相談するという概念がない

基本的に、努力すれば自分1人の力で必ず突破できると思っています。これまでも自分のことは自分で何とかしてきたし、そこに多少の困難やエネルギーが伴うなんて、私たちにとっては普通の事。だから、誰かに相談しようという考えに至らないのです。

できないことを認めたくない

前述のように、自分1人の力で出来て当然と思っているので、そう簡単にできない事実を認めたくありません。できない自分が恥ずかしいし、できない奴だと思われるのも怖い。だからどうにかして自分の力で解決しようとします。

なぜそうなったのか?

そうなった背景には、学生時代の積み重ねが関係しています。成績も優秀で、お勉強以外でもたくさんの賞状をゲットして、「すごいね」って言われる事が嬉しい。そんな「優秀」と言われる学生時代を過ごしてきたのではないでしょうか?ずっとデキる人として生きてきたから、そうじゃない自分がアリだと思えないのです。

また、学生時代のお勉強では教科書にやり方も答えもあるから、よほどの事がない限り自己解決できてしまいました。先生や仲間も近くにいるけど、それより自主学習こそが成績を上げる肝だったはずです。

でもいざ社会に出てみると、答えはない、誰もやったこともない課題だらけですよね。学生時代の感じのまま突き進もうとするなら、壁にぶち当たるのも当然です。

人に相談するメリット

なかなか人に相談できない私たちですが、効果的に相談できるとこんな良いことがあります。

解決が早い

1人で考えるよりも、圧倒的に解決が早いです。自分でなんとかできるって信じたいけど、実際のところ自分1人の頭脳なんてたかが知れています。

例えば今抱えている問題が「山」だとして、自分はその山を下から見上げているとします。でも上司や先輩など経験のあるかたであれば、山の上からの景色が見えていますし、同僚も実は山の向こう側から見ていて、自分には見えない景色を見ていたりします。だから人に相談する事で、自分だけでは見えていなかった視点に気付けて、掛け算的に視野が広がるのです。

自己開示が信頼につながる

なんでも完璧にやりたい私たちにとって、弱みを見せるなんてあり得ないかもしれません。でも、見せられた方はどう思うかというと、人間味を感じるし、共感し、親しみやすさを感じます。すると相手も同じように自分のことを開示してくれるので、相手を知ることができて、信頼関係を築きやすくなるのです。

おまけに、親しみやすい雰囲気はあなたの女性らしさをぐっと引き立ててくれますよ。

相談できる体質になるには?

では、どうすれば相談できる体質に変われるでしょうか。トレーニングとして次のことに少しずつトライしてみてください。

できない自分でもOKだと思い込む

仕事ができる自分でないといけない。もしそんな風に思っているなら、これを機に手放してみてください!自分が思い込んでるだけで、実際のところそんなこと誰も期待してませんよ。仕事の成果=人格じゃありません。何もできなくても、ただ元気でいてくれるあなたのことがみんな大好きなはず。そう思ったら、ちょっと気が楽になりませんか?

弱みを見せる練習をする

これは私たちにとってはトレーニングが必要ですね。相談とまでは言えない、もっと些細なことで良いので、自分の弱いところを見せる練習をしてみましょう。例えば、「この業務してる時いっつも眠くなっちゃう」とか「今日寝坊して朝ご飯食べてないから辛い」などでも十分です。相手もきっと「わかるー!」と共感してくれたり、同じように弱みを見せてくれますよ。自分の弱みを見せても大丈夫なんだと、ホッとする感覚を掴めると思います。

「より良くするために」と考える

助けて欲しいという感覚は、今の私たちにはまだしっくりこないかもしれません。それであれば、「より良くするために」と考えるのはどうでしょうか?自分1人でも精一杯頑張るけど、でもより良くするために意見を聞いてみようと思えば、人にすんなり意見を求められるのではないでしょうか。効果的に相談ができる女性に、一気に近づけますね!

まとめ

人に相談ができない自分の再認識と、それによって損しているかもしれない事に気付いていただけたでしょうか?無意識レベルのいらないプライドを手放して、少しずつ弱い自分を見せるトレーニングをしていきたいですね。簡単に人に相談できるようになれば、今よりもさらに大きな結果に近道して辿り着くことができますよ。一緒に頑張りましょう!