目標を立てて、絶対に達成したいし、やる気もあるはずなのになぜかモチベーションが続かない…。この不思議現象に困っているあなたに、試して欲しい事をたった1つ紹介します。それは、やる理由に「他の人」を追加する事です。

やる理由に「他の人」を追加する

あなたが今掲げている目標は、おそらく自分だけで完結する内容ではないでしょうか?

  • ダイエットして10㎏痩せる
  • 営業目標を達成する
  • 副業で月10万稼ぐ

それだけでももちろん素晴らしい目標です。
では、その同じ目標に「自分がそれを達成することで、他の人にどんないい事がある?」という視点を加えてみてください。

  • ダイエットして10㎏痩せる事で、わたしの健康を心配する彼氏を安心させたい
  • 営業目標を達成して、自分と同じように苦戦している後輩にノウハウを教えてあげたい
  • 副業で月10万稼ぐ事で、両親に値段を気にせず良いものをプレゼントしたい

どうですか?同じ目標なのに、何だかより一層「やるしかない!」という気持ちが湧いてきませんか?そうなのです、目標設定をする時に「他の人」の視点を加えるだけで色々と良い効果があるのです。

どんな効果があるの?

「他の人」の視点を目標に含める事で、こんな効果があります。

簡単に諦めない

自分だけで完結する目標だと、もし達成できなくても困るのは自分だけ。ですので「ま、いっか」精神で簡単に諦める事ができてしまいます。

でも他の人要素を含んでしまうと、もう自分だけの話ではなくなっています。そうなると、簡単に諦められないという気持ちになります。その気持ちが、もうちょっと頑張ってみよう、もうちょっと工夫してみよう、と前進するのを助けてくれるのです。

応援してもらいやすい

次の2人の目標を聞いて、どちらのほうが応援したいと思えますか?

A:お金持ちになりたい

B:お金持ちになって、苦労をかけた両親に家を買ってあげたい

次の2人ではどうでしょうか?

A:トップ女優になりたい

B:トップ女優になって、美人でなくても努力次第で夢が叶うと証明し、世の女の子たちに勇気を与えたい

答えは明白ですね。
このように、夢や目標を話した時に共感を呼ぶ人というのは、矢印が他人や社会の方にも向いているんです。

共感してもらえると、応援したい!自分に何かできることはないか!と思ってくれる人が増えます。協力してくれたり、役に立つ情報を教えてくれたり、人を紹介してくれたり。そうやって助けていただける事で、1人でやるよりもグッと早く目標に近づけるんです。

(※ただ、何でも自分でやるのがあたり前のオス化女子は、それらを素直に受けとれず目標達成を遠ざけている可能性も。受け取る練習も必要です。引き続きメス塾の記事を読みながら、脳みそのトレーニングをしてみてくださいね!)


あの有名な本「夢を叶えるゾウ」の中にも同じ内容が書かれていました。

夢を叶えるためには、夢を面白く語る事が大事だと。

夢を面白く語るためには、自分の夢を社会全体が得するような、みんなの夢に言い換える事が大事なのだそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夢をかなえるゾウ1 [ 水野敬也 ]
価格:847円(税込、送料無料) (2021/2/18時点)

私もいつもモチベーションが続きませんでした

そんな塾長自身も、お恥ずかしながら開業当初は

  • 月収●●円!
  • 憧れのマンションに住む!
  • そんな自分に変わりたい!!

と、自分のことだけを頑張るモチベーションにしていて、幾度となく「なぜか頑張れない病」に陥っていました。

今は、私と同じ悩めるオス化女子と一緒に、メスに戻って返り咲きたいという気持ちがモチベーションになっていますし、経済の中心が「企業から個の時代」になると言われている中で、女性にとって必ず役に立つ情報だと思っているので、行動が止まらないのだと思います。

まとめ

自分で決めた目標なのになぜか頑張れない。そんな時は「自分がそれを達成することで、他の人にどんないい事がある?」をイメージして、目標に書き加えてみてください。その人たちのことを考えたら、そう簡単に放り出せなくなりますよ!できれば周りにもどんどん話してみてくださいね。