今回は、目標達成のためには自己犠牲も必要なのか?について書きます。
やっぱり何かを成し遂げたければ、何かを犠牲にして当然。何でも手に入れようなんて甘い考えじゃダメ!そう考えて今まさに努力しているあなたへ。

結論、女性はそれではうまくいきません

いったい何故なのか。男性と女性の違いを明確にしながら解説していきます。

男性と女性の違い

男性と女性では、考え方や頑張り方が違います。
男性はケーキカット型、女性はチャーム型と言われています。

※こちらの記事及び書籍を参考にしています。
参考文献:働く女の腹の底 多様化する生き方・考え方 [ 博報堂キャリジョ研 ](光文社新書 2018年)

男性のケーキカット型とは

男性は、仕事・家族・趣味・健康…などのライフスタイルを1つのパイの中で配分しようと考えます。仕事の配分を大きく取るならば、家族や趣味は残りのパイで配分するので小さくなって当たり前。何かを取るならば、何かが犠牲になって当たり前と考えているのです。

例えば、「旦那が仕事ばかりで全然家族の時間を作ってくれない」という女友達のグチを一度は聞いた事があるのでは?

こういう考え方をケーキカット型と言って、男性が調子よく、頑張れる状態です。

女性のチャーム型とは

一方女性は、仕事も頑張りたいし、恋愛もないがしろにできないし、友達も大事にして、趣味も楽しみたい!全部取りしたいし、それぞれがキラキラ輝いていないといや。それが女性なのです。

例えば、ママなのに綺麗、仕事忙しいのに遊びも充実、そんな女性を見て憧れた事があるのでは?

こういう考え方をチャーム型と言って、女性が調子よく、頑張れる状態です。

オス化女子の実情

では、世の頑張り屋さんのオス化女子たちはどうでしょうか?

  • わたしは仕事に生きている!
  • だから結果を出すまでは恋愛はおあずけ!
  • 友達と遊んでる暇なんて今は無いの !

こんな風に何かを犠牲にして、男性のように仕事のパイを大きく取っていませんか?

それで絶好調の人はそれでOK。これ以上読まなくて大丈夫です。

でも思うような結果が出てない人は、さらに仕事のパイを大きくするのではなく、チャームみたいに他の要素にも時間とってみたらいいですよ。

最初は、そんな事したら怠けているかのようで怖いと思うかもしれません。
でも大丈夫です。別に何も起きませんから(笑)

むしろとっても気分よく、今までよりもサクサク行動できてる自分に気付くと思います。

自己犠牲をやめたらこうなった

では実際にどんな感じなのか。塾長自身がケーキカット型からチャーム型に変えたらどんな事が起こったのかを紹介します。

ケーキカット型時代

オス化の極みだったわたしは、絶対に仕事で成功したかったので、そのために色々なことを後回しにしていました。

  • 睡眠時間
  • 家事
  • 健康的な食事
  • 女性らしい見た目
  • 遊び

どれも苦痛だったし自己嫌悪がたまらなかったですが、それよりも一番苦しかったのは、彼氏にいつも寂しい思いをさせていたことです。

本当はわたしだって、普通の女の子みたいに休みの日は一日中デートとかしてみたかったです。でも、それは「成功してから」と言い聞かせて、仕事ばかりしていました。

チャーム型時代

そんなオスからメスに戻るべく、「成功したら」という意味不明な条件付けるのをやめて、やりたい事を今やるようにしていきました。

普通の女の子みたいに一日中デートとかしてみたいとずっと思っていたので、そういうのもやってみました。一日中遊びほうけるなんて、最初は罪悪感でたまらなかったですが、でも彼がすごく喜んでいるのがわかりました。明らかにご機嫌なのです。

ずっと我慢してくれてたんだな…と反省しました。

どんな変化が?

そうやって、今まで後回しにしていた彼氏との時間を大事にし始めると、彼氏を起点にいろいろな良い事が起こり始めました。

  • 彼がごきげんなのでわたしもご機嫌
  • 彼がごはんを作ってくれるようになったので時間ができた
  • おかげで仕事が捗るようになった
  • 仕事を応援してくれるようになった
  • わたしの自慢話をあちこちでするようになった
  • それがきっかけでお友達が増えた
  • 仕事に発展する良い出会いが増えた

という具合に、明らかに以前よりも調子が良いのです!あの武士みたいな我慢の日々はなんだったのか、と思うくらいです。

自分が我慢せずご機嫌でいる事で、関わる人に良い影響を与え、助けてくれたり、良いご縁を運んできてくれるんですね。

まとめ

もしあなたが、目標達成のために我慢してケーキカット型になろうとしているなら、強く言いたい!全部取りしていいんです。

我慢したり、歯を食いしばったりするのではなく、自分を常にごきげんに保つことに集中してみてくださいね。それが女性の得意なやり方です。