こじらせ女子とは?

「こじらせ女子」とは、基本的に自分に自信が持てない女性のこと。そのせいで恋愛では男性からの好意を素直に受け取れず、男性を遠ざけてしまうところがあります。

ここでは、こじらせ女子の特徴と脱出方法をご紹介します。

恋愛がうまくいかないこじらせ女子の特徴

周りと自分を比較するのが癖

こじらせ女子は、いつも周りと自分を比べてネガティブに考えてしまいがち。「私なんか…」が口癖で、自分に自信がありません。自己肯定感も低く、気になる人ができても自分の気持ちを認められなかったり、行動に移せなかったり。相手にも「暗い人」とマイナスなイメージを持たれてしまい、恋愛がうまくいきません。

甘えるのが下手

男性に甘えることに対して、抵抗がある人も多いでしょう。これも、自分への自信のなさから出てしまうもの。「私が甘えたら気持ち悪いと思われるかもしれない」「私は甘えられるキャラじゃない」と勝手に決めつけてしまうのです。
男性からは「一人でも生きていけそうな女性」と思われるので、恋愛対象外になることも多いでしょう。

褒められることが苦手

「今日の髪型かわいいね」と褒められても、素直に受け入れられないのが、こじらせ女子。褒められることに慣れてないうえ、自己肯定感が低く「自分になんて褒める要素がひとつもない」と思っているからです。相手の立場になると、褒めたのに否定されるなんて悲しいはず。そうやって気まずい雰囲気を作ってしまいがちです。

女性らしさに嫌悪感を持つ

ふんわりしたワンピースや、女子アナ風のコーディネートなど女性らしい服装に抵抗を感じたり、料理を取り分けるなどの振る舞いに苦手意識を感じてしまう人も増えています。本当は女性らしくいたいけれど、「私にはそんな資格がない」「似合わない」と感じているためです。男性には、「がさつ」「男っぽい」と思われ、魅力を感じてもらえません。

デキる女を演じる

本当は自分に自信がないけれど、劣等感を隠したいがために強がって、できる女やバリキャリを演じてしまいます。「彼氏がいなくても、仕事ができるから大丈夫」と周りにアピールをして、自分を守っているのかもしれません。

こじらせ女子を脱出する4つの方法

こじらせている自分を受け止める

まずは、自分がこじらせ女子であることを受け入れましょう。自覚することが、はじめの一歩です。「自分はこじらせ女子になってしまった」と悲観するのではなく、弱い自分を認めてあげましょう。本当の自分の気持ちをよく理解することで楽になるだけでなく、改善したいと前向きになれるはずです。

褒められたら素直に喜ぶ

自分に自信をつけることも大切。これまで自己肯定感の低さから受け止めることができなかった「褒められること」を素直に受け入れてみましょう。褒めてくれた相手に対して、否定的な言葉を返すのではなく、「ありがとう」と喜んでみましょう。恥ずかしくても、練習あるのみです。相手も喜んでくれるので徐々に自信につながっていきますよ。

自分を大事にする

周りと比較するのをやめて、自分と向き合うことを意識しましょう。自分の楽しいこと、心地よいことを見つけて、笑顔の自分をキープできるよう行動してみることが大切です。時々、SNSなどから離れてみてもいいかもしれません。他人より自分と向き合うことで、心に余裕が生まれます。

 自分磨きをして“自信”を持つ

心に余裕が出てきたら、自分磨きを楽しみましょう。新しいことにチャレンジしてみる、自分をもっと好きになれそうなことをしてみるなど、心がワクワクすることを書き出して、行動に移してみましょう。自信を持つことで、あなたの魅力はどんどん輝いていくはずです。

こじらせ女子から卒業して、素敵な毎日を送ってくださいね!きっと素敵な恋愛が待っています。