恋愛関係にあるか無いかを問わず、男性から「奢るよ」と言われたときに何と言ったらいいのか分からず困ったことはありませんか?

何でも自分でやるのが当たり前のオス化女子は、すごく受け取り下手です。奢ると言われてもひたすら遠慮して、ぐだぐだした挙げ句、奢ってもらったけど心から喜べないなんて経験が1度はあるのではないでしょうか。
ここでは、男性から奢るよと言われた時はどうすれば良いのか、正解をお教えします。

男性は奢ってあげたいと思っている

結論、男性は奢ってあげたいと思っています。喜ばせてあげられる俺かっこいい。人を喜ばせる力がある俺ってすごい。そう思えることが快感なのです。

しっかり者で真面目な女性ほど、お金を出してもらうなんて悪い、迷惑をかけてはいけないと思いがちですが、その心配は無用です。むしろ頑なに自分も払おうなんてした時には、男性をがっかりさせてしまいます。

基本は3回感謝

奢ってもらった時の基本対応は、3回違ったタイミングで感謝をすることです。

  1. 奢るよと言われた直後
  2. 奢ってもらった事で幸せな瞬間
  3. 帰り際

1回目は感情的に、2回目は具体的に、3回目はサラっと言うのがポイントです。これらを実際のシーンに当てはめて解説します。

コーヒーショップ・自動販売機編

1.奢るよと言われた直後

例えば職場でランチを一緒に食べに行った後に、ふと目に入ったコーヒーショップや自動販売機で自分が買うついでに「奢るよ」と言われた時。ここで「いいよいいよ、悪いから。」と申し訳なさそうな顔をしたり長い時間引っぱるのはNG。
「えっ!いいの?」とぱっと明るい笑顔を見せて喜びましょう。

そして、ドリンクはだらだら迷わずスパッと決めましょう。優柔不断な様子を見ていると、せっかくかっこいい所を見せようと高まった気持ちが冷めてしまいます。

この時、「申し訳ないから一番安いのにしとこう…」なんていう遠慮はいりません。そうやって妥協した気持ちが伝わると、「ああ、せっかく奢ってあげたのに喜ばせてあげられなかった」とガッカリさせてしまいます。あなたが本当に頼みたいものを頼んでください。

2.飲んでいる瞬間

基本その場ですぐ飲みましょう。あなたが美味しそうに飲む姿が見たくて奢ってくれたのですから。「うん~冷えてておいしい!」「コーヒー飲んだから午後も頑張れそう」と、今いかに幸せかを伝えましょう。

3.帰り際

飲み終わったら終わりではありません。昼休憩が終わり、それぞれの持ち場へ戻るタイミングでも「これありがとね」「ごちそうさま」とさりげない感謝を伝えましょう。奢ってもらう行為は、3回目の感謝までがワンセットです。

レストラン・食事編

1.奢るよと言われた直後

まずは「すごく美味しかったし私にも払わせて~」と遠慮を示し、一度はお財布を出すのが礼儀でしょう。しかし、その後も頑なに払おうと押し問答するのはNG。すぐに引いて、とびきりの笑顔でお礼を言いましょう。男性は、お金よりも女性の笑顔の方が嬉しいのです。

2.お会計の瞬間と、その後

お会計が済んで、彼がレジカウンターからあなたの方へふり返ったらはっきりした声で「ごちそうさま」と伝えましょう。この時、店員さんにも聞こえるように言うのがポイントです。奢ってあげたかっこいい自分を、店員さんにも見られるのは誇らしい事です。

お店を出たら、「今日の○○本当に美味しかったなあ」「こんな素敵なお店に連れてきてくれてありがとう!」と今どんなに幸せかをとことん伝えましょう。

はじめから今日はごちそうしてもらうと分かっている時は、食事中にも幸せを伝え、本当に美味しそうに食べるのも重要です。

3.帰り際

帰り際には、「今日はありがとね」とサラッとお礼を言いましょう。家に着いた後にお礼のLINEを送るのでも良いでしょう。とにかくこの3回目の感謝をさぼってはいけません。

まとめ

男性は奢ってあげたいと思っています。しっかり者で真面目な女性ほど、良かれと思って遠慮して、かえって男性をがっかりさせているかもしれません。とびきりの笑顔で、素直に受け取ってください。そして感謝は3回が鉄則です。

  1. 奢るよと言われた直後
  2. 奢ってもらった事で幸せな瞬間
  3. 帰り際

奢られ上手になって、自分も相手もどちらもハッピーになりましょう!

参考文献:瀬里沢マリ『無理もしない我慢もしないで愛される溺愛理論』(株式会社評言社 2018年)